Solus 4.0 GNOME - 基本操作 - Dock を消す

 
1. 概要
2. dconf エディタ インストール
3. 設定

1. 概要

 さて、前ページで忌々しい、「あくちびちぃ」には、お引き取りいただいたのですが・・・。  ものによっては、その時点で「どっく」なる、左に鎮座ましましているやつが消えたりするのですが・・・、この環境ではまだ残っている。
「Solus 4.0 GNOME」-「まだ、いやがる『どっく』」

 押しつけがましいというか、いらぬおせっかいというか、目障りで仕方ない。

 この環境では、「Dash to Dock」が有効であり、「dconf エディタ」のパッケージもインストールできるので、消せそうです。

2. dconf エディタ インストール

 後述する「ソフトウェアセンター(solus-sc)」で、「dconf」で検索して、「dconf エディタ」をインストールします。

3. 設定

「アプリケーション」→「システムツール」→「dconf エディタ」
「Solus 4.0 GNOME」-「アプリケーション」→「システムツール」→「dconf エディタ」

 なんか「注意せろよ!」とかいう警告が出ますが「はいはい、わかりました」と進んでいきます。


 「org」→「gnome」→「shell」→「extensions」→「dash-to-dock」と降りていって

 「intellihide」っちゅうのを見つけて「オフ」にします。

「Solus 4.0 GNOME」-「dconf エディタ」

 「どっく」が消えました。

「Solus 4.0 GNOME」-「目出度く『どっく』が消えた」


 
 
カウンタバックグラウンド