Solus 4.0 GNOME - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 入力切り替えキー

1. 概要

 入力システム(IM)として、「IBus」がインストールされているのですが・・・。  日本語入力システム(IME)が、インストールされていない。  IME のみインストールします。

2. インストール

 後述する、「solus-sc」で「anthy」を検索して、インストールします。

3. 設定

 インストール後、ログインしなおして  「設定」  「地域と言語」タブで  「入力ソース」の下の  「+」
「Solus 4.0 GNOME」-「設定」

 「日本語」

「Solus 4.0 GNOME」-「入力ソースの追加」

 「日本語(Anthy)」を選択して
 「追加」

「Solus 4.0 GNOME」-「入力ソースの追加」「追加」

 ついでに、元あった、日本語をゴミ箱に移動しちゃいます。
 そうすると、あの忌まわしい、変換のたびに出る、中央の表示は出なくなります。

4. 入力切り替えキー

 入力は「日本語(Anthy)」のみにしたので、Win+Space とは、おさらばです。  入力切り替えキーは、Ctrl+J もしくは 半角/全角 になっています。  端末を開いて、日本語入力を確認しました。
「Solus 4.0 GNOME」-「日本語入力確認」

 
 
カウンタバックグラウンド