Solus 4.0 MATE - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 確認

1. 概要

 実は、この設定は、他の何よりも苦労しました。何度やっても有効にならない・・・。  下記のサイトを参考にさせていただいて、なんとかたどり着きました。
独立系のオペレーティングシステム「Solus-3」MATE 版をインストールしてみました。 | 極楽はぜのブログ」
「mateで日本語入力可。solus-2017.01.01-mate(x86_64): ゆったりとLinux
 感謝いたします。  入力システム(IM)として、「IBus」がインストールされているのですが・・・。  日本語入力システム(IME)が、インストールされていない、もしくは機能していない。  「IBus」の日本語切り替えは、何だかヘンテコなので、「fcitx」か「scim」にしたかったのですが、「solus-sc」にも「eopkg」にも見当たらないので、仕方がない。  「IME」のみインストールします。

2. インストール

 最初、「eopkg」コマンドでインストールしましたが、ようわからんようになったので。  後述する「ソフトウェアセンター(solus-sc)」でインストールすることにしました。  「anthy」で検索して「Anthy」「ibus-anthy-devel」、「ibus」で検索して「ibus-m17n」をインストールしました。

3. 設定

 「ibus-daemon」がインストールしても自動設定されない模様。  起動してくれんのですよ。  何度か試行錯誤の上・・・。

vi /etc/profile
 末尾に、以下の行を追加しました。

# End /usr/share/defaults/etc/profile

export XMODIFIERS="@im=ibus"
export GTK_IM_MODULE=xim
export QT_IM_MODULE=xim

export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8

setxkbmap -layout jp

/usr/bin/ibus-daemon --xim --replace --daemonize

4. キーボードレイアウト

 再起動後、グラフィックログインして、やっと入力を確認できました。
「Solus 4.0 MATE」-「日本語入力確認」


 入力切り替えキーは、Win+Space です。


 
 
カウンタバックグラウンド