Solus 4.0 BUDGIE - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 入力切り替えキーの変更

1. 概要

 入力システム(IM)として、「IBus」がインストールされているのですが・・・。  日本語入力システム(IME)が、インストールされていない、もしくは機能していない。  「IBus」の日本語切り替えは、何だかヘンテコなので、「fcitx」か「scim」にしたかったのですが、「solus-sc」にも「eopkg」にも見当たらないので、仕方がない。  IME のみインストールします。

2. インストール

 root ユーザで

eopkg install anthy
eopkg install ibus-anthy

3. 設定

 インストール後、ログインしなおして  「設定」  「地域と言語」タブで  「入力ソース」の下の  「+」
「Solus 4.0 BUDGIE」-「設定」

 「日本語」

「Solus 4.0 BUDGIE」-「入力ソースの追加」

 「日本語(Anthy)」を選択して
 「追加」

「Solus 4.0 BUDGIE」-「入力ソースの追加」「追加」

4. 入力切り替えキーの変更

 前項の時点で、入力切り替えは有効になっていますが、入力切り替えキーは Win+Space になっています。  この操作は慣れていないので、半角/全角 へ変更します。  「スタート」→「すべて」→「IBus の設定」
「Solus 4.0 BUDGIE」-「スタート」→「すべて」→「IBus の設定」

 以降の操作は「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力」をご参照ください。

「Solus 4.0 BUDGIE」-「IBus の設定」


 
 
カウンタバックグラウンド