1.2 Linux/Arch Linux/OSインストール/①

 
1.2.1 起動
1.2.2 キーマップの設定
1.2.3 パーティションの設定

1.2.1 起動

 i386 版をインストールします。(x64 版で失敗したのだ)  メディアをドライブにセットして起動します。  「Boot Arch Linux (i686)」で [Enter]

 インストールするための端末が起動します。


1.2.2 キーマップの設定

 キーボード入力の作業になりますので JIS キー配列であればキーマップを以下のように設定します。  プロンプトは省略してあります(以下同様)。

loadkeys jp106

1.2.3 パーティションの設定

 パーティション設定プログラムを起動します。

cgdisk /dev/sda
 パーティション設定していないディスクであれば以下のような表示が出ますが [Enter] で進みます。

 ここでは、以下のようにパーティションを設定するものとします。

パーティション割当先サイズ
/dev/sda4BIOS
/dev/sda1/boot 100MB
/dev/sda2swap 実メモリの2倍
/dev/sda3/ 残りのすべて
 「New」で [Enter]

 [Enter]


 「100MB」と入力して [Enter]


 [Enter]


 「/boot」と入力して [Enter]


 ひとつパーティションが作成されますので、次は一番下の領域にカーソルを合わせて「New」から繰り返していきます。

 swap パーティションのところは「Hex code」を入力するときに「8200」を入力します。

 / パーティションのところは「size in sector」を入力するときに何も入力せずに [Enter]

 BIOS パーティションのところはカーソルを一番上の領域に合わせて「new」
 「Hex code」を入力するときに「ef02」を入力します。

 ここまでの設定がうまくいっていれば下記のような割り当てになります。(free space がの頃のが気になるところではありますが)


 「Write」
 「yes」を入力して [Enter]


 「Quit」で終了します。

 この項、続く。