Linux - Mint - 19 MATE - 開発環境 Eclipse - 初回起動・日本語化

 
1. 初回起動
2. 日本語化
3. メニューへの組込

1. 初回起動

 「LAUNCH」
Mint - 19 MATE - Eclipse - 初回起動

 「Launch」

Mint - 19 MATE - Eclipse - ワークディレクトリ設定

 英語版ですが、起動まではこぎつけました。

Mint - 19 MATE - Eclipse - 起動直後(英語版)

2. 日本語化

 日本語化の手順は、FreeBSD での手順と同様になります。  「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 開発環境 Eclipse」をご参照ください。  (Eclipse の展開先のディレクトリが異なりますので、その点はご注意ください)  日本語化したものを起動しました。
Mint - 19 MATE - Eclipse - 起動直後(日本語版)

3. メニューへの組込

 手動でインストールしましたので、メニューへの組込ができていません。  今回は特に、Mintinstall でインストールしたものの残骸が、メニューに残っていたりします。  メニューへの組込に関しては「Linux - Mint - 19 MATE MATE - 基本操作 - メニューの編集」をご参照ください。
 
 
カウンタバックグラウンド