Linux - Mint - 19 MATE - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. コンフィグツールのインストール
3. 切替キーの変更

1. 概要

 日本語入力システムは Fcitx がデフォルトでインストールされています。  インストール後にそのまま日本語入力が使えます。  入力切り替えは 半角/全角Ctrl+Space で行います。

2. コンフィグツールのインストール

 Ctrl+Space は、Eclipse で単語補完に使用したいので、入力切り替えのキーから削除します。  「スタート」→「設定」→「Fcitx 設定」
Mint - 19 MATE - Fcitx 設定 - 起動

 あわわ、コンフィグツールがインストールされていませんでした。

Mint - 19 MATE - Fcitx 設定 - 起動失敗

 次節で紹介している Mintinstall で「fcitx-config-gtk」で検索してインストールできます。

3. 切替キーの変更

 前項でインストールしたらツールが起動するようになります。  「入力メソッドの設定」タブで  「Ctrl+Space」をクリックして Enter のみ入力することで削除できます。
Mint - 19 MATE - Fcitx 設定 - 入力メソッドの設定

 
 
カウンタバックグラウンド