elementary OS - 5.1 - 基本操作 - 日本語入力

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 確認
4. fcitx-configtool

1. 概要

 日本語入力として「IBus+mozc」がインストールされています。  Ctrl+Space で切り替えます。  今の、「IBus」は、うんこなので、「Fcitx」へ変更します。  前のバージョンで、「Scim」は失敗しているので、今回は、すぐに「Fcitx」を使ってみます。

2. インストール

 グラフィカルなパッケージ管理フロントエンドでは、「ibus」のアンインストールができなかったので、root ユーザによる、コマンドラインで。  「ibus」との衝突を避けるために、「ibus」をアンインストールします。

apt remove -y ibus
 「fcitx-anthy」をインストールします。  同じく、root ユーザによるコマンドラインで

apt install -y fcitx fcitx-anthy fcitx-config-gtk fcitx-config-gtk2

3. 確認

 インストール後に、ログインし直せば、日本語入力は有効になっています。  (変換候補が、背景に透過されているのか、見えない?)
「elementary OS 5.1」-「基本操作」-「日本語入力確認」


 入力切り替えは、Ctrl+Space半角/全角 で行います。

 わたしは、「Eclipse」のコンテンツアシストに使用してますので、入力切り替えとしては無効にします。

 入力切り替えキーの設定は「config-tool」で行いますが、この時点で「config-tool」が、メニューから起動できないので。

 グラフィックログインして


fcitx-config-gtk3
 「入力メソッド」に何も設定されていませんが、入力で来ているのが不思議?  入力切り替えキーの設定は  「全体の設定」タブで行います。
「elementary OS 5.1」-「入力メソッドの設定」

 詳細な設定方法は「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力」をご参照ください。

4. fcitx-configtool

 と前項まで書いた後で、「fcitx-configtool」は、インストールされていることがわかりました。

$ whereis fcitx-configtool
fcitx-configtool: /usr/bin/fcitx-configtool
 かつ、「.desktop」ファイルも存在する。

$ ls /usr/share/applications/fcitx*
/usr/share/applications/fcitx-config-gtk2.desktop  /usr/share/applications/fcitx-skin-installer.desktop
/usr/share/applications/fcitx-config-gtk3.desktop  /usr/share/applications/fcitx.desktop
/usr/share/applications/fcitx-configtool.desktop
 ちなみに正常に起動することも確認できたし、これならば、「入力メソッド」にもちゃんと意図通りのものが表示されておる。  「fcitx-configtool.desktop」を書き換えてやるわ。

vi /usr/share/applications/fcitx-configtool.desktop

Categories=Settings;
 を下記に書き換えます。

Categories=Settings;System;Utility;
 ほら、メニューに出てきたわ。
「elementary OS 5.1」-「アプリケーション」→「システムツール」

 ちゃんと、「入力メソッド」も表示されています。

「elementary OS 5.1」-「基本操作」-「キーボード」「スクリーンショット」タブ


 
 
カウンタバックグラウンド