elementary OS - 5.0 - タスクマネージャ Conky

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 自動起動
5. 表示

1. 概要

 「Conky」は、Unix/Linux で動作する、タスクマネージャです。  詳細は、「Conky - Wikipedia」をご参照ください。

2. インストール

 「AppCenter」で、「conky」は、見当たらないので、「apt」コマンドでインストールします。  root ユーザで

apt install -y conky

3. 設定

 コンフィグレーションファイルを作成して、編集します。

mkdir -pv ~/.config/conky
conky --print-config > ~/.config/conky/conky.conf
vi ~/.config/conky/conky.conf

conky.config = {
    alignment = 'top_left',
    background = false,
    border_width = 1,
 左上の表示から右上の表示へ移動。  バックグラウンドモードの起動を有効に。  ダブルバッファリングを有効にしてちらつきを押さえます。

conky.config = {
    alignment = 'top_right',
    background = true,
    double_buffer = true,
    border_width = 1,

font = 'DejaVu Sans Mono:size=12',
    gap_x =  5,
    gap_y = 60,
 フォントを少し小さく、画面の端との間隔を少し開けます。

font = 'DejaVu Sans Mono:size=10',
    gap_x = 10,
    gap_y = 60,

own_window = true,
    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'desktop',
    stippled_borders = 0,
 透過、ただし字が見づらくなるので、少しグレーに。

own_window = true,
    own_window_class = 'desktop',
    own_window_type = 'dock',
    own_window_argb_visual = true,
    own_window_argb_value  = 100,
    show_graph_range = false,

${scroll 16 $nodename - $sysname $kernel on $machine | }
 システム情報の表示をスクロールさせずに。  「システム情報」「ディストリビューション」「Conky バージョン情報」を3行で表示。

${color grey}System :$color $sysname $kernel on $machine
${color grey}Distrib:$color ${execi 999999 lsb_release -ds}
${color grey}Conky  :$color $conky_version
 に変えます。

4. 自動起動

 ログイン時に、自動起動するように設定します。  自動起動ファイルを以下のように作成します。

mkdir -pv ~/.config/autostart

cat - << EOF >> ~/.config/autostart/conky.desktop
[Desktop Entry]
Exec=/bin/sh -c "sleep 5 && /usr/bin/conky"
Icon=application-x-shellscript
Name=conky
Type=Application
Version=1.0
EOF
 「sleep」直後の数値は、ログイン後、「Conky」が起動するまでの時間(秒単位)です。  長すぎない程度で、デスクトップの描画が完全に終わる時間を調整します。  画面を閉じて、ログインし直します。

5. 表示

 再ログイン後に、デスクトップ右上、「Conky」の表示が現れます。
「elementary OS 5.0」-「Conky」表示

 ただし、この環境の画面キャプチャでは、「Conky」の背景は真っ暗になります。


 
 
カウンタバックグラウンド