MX Linux - 19.1 - XFCE - タスクマネージャ Conky

 クラウディア
1. 概要
2. 設定を見てみる
3. 編集

1. 概要

 「Conky」は、「Unix」「Linux」で動作する、タスクマネージャです。  詳細は、「Conky - Wikipedia」をご参照ください。  実は、「MX Liunx」では、「Conky」は、はなから動いておる。  デスクトップへのログイン後、右端に「日時・HDD メモリ CPU の使用率」を表示しているのは「Conky」なのです。  (前のバージョンで初めて知ったのですがね)
「MX Linux 19.1 XFCE」-「Conky」「デフォルトの表示」

 前のバージョンは、背景との相性が良かったのか、もっとはっきり見えたし、文字化けもしていませんでした。

2. 設定を見てみる

 どういう、状況で動作しているか見てみました。

$ pgrep -lfa conky
4069 conky -c /home/hogehoge/.conky/MX-CowonBlue/MX-Cowon_blue_roboto
 なるほど。  「locate」で見てみると

$ locate MX-Cowon_blue_roboto
/etc/skel/.conky/MX-CowonBlue/MX-Cowon_blue_roboto
/etc/skel/.conky/MX-CowonBlue/MX-Cowon_blue_roboto.png
/home/hogehoge/.conky/MX-CowonBlue/MX-Cowon_blue_roboto
/home/hogehoge/.conky/MX-CowonBlue/MX-Cowon_blue_roboto.png
/usr/share/mx-conky-data/themes/MX-CowonBlue/MX-Cowon_blue_roboto
/usr/share/mx-conky-data/themes/MX-CowonBlue/MX-Cowon_blue_roboto.png
 と、およそ2つの元ファイルがあって、すべて同じ内容のようです。  つまり、編集して、しくっても、元に戻すのはわけないってことです。  さほど長くないので、全文掲載してみます。

######################
# - Conky settings - #
######################
update_interval 1
total_run_times 0
net_avg_samples 1
cpu_avg_samples 1

imlib_cache_size 0
double_buffer yes
no_buffers yes

#####################
# - Text settings - #
#####################
use_xft yes
#xftfont Dinreg:size=100
xftfont Roboto-Light:size=100
override_utf8_locale yes
text_buffer_size 2048
xftalpha 0.9

#############################
# - Window specifications - #
#############################
own_window_class Conky
own_window yes
own_window_type normal
own_window_transparent yes

own_window_hints undecorated,below,skip_taskbar,skip_pager
#own_window_argb_visual yes
#own_window_argb_value 100

alignment top_right
gap_x 40
gap_y 40
minimum_size 220 220

#########################
# - Graphics settings - #
#########################
draw_shades no

default_color a3a3a3
default_shade_color 1d1d1d
color0 90ac11
color1 0f0c03
color2 3c888f
color3 7e704c
color4 557298

#lua_load ~/.conky/conkybg.lua
#lua_draw_hook_pre conky_draw_bg

own_window_argb_value 0
own_window_argb_visual yes
own_window_colour 000000
lua_load ~/.conky/MX-CowonBlue/lua/conky.lua

TEXT
${voffset -20}${lua hours}
${color2}${offset 40}${voffset -100}${time %M}
${voffset -140}${offset 10}${font Roboto-Light:bold:size=12}${color2}${time %A} ${offset 10}${color2}${time %B %d}
${offset 150}${voffset -175}${font Roboto-Light:size=12}${color2}${lua AM_PM}
#system
${offset 0}${voffset 160}${font Roboto-Light:bold:pixelsize=14}${offset 12}${color3}hdd ${offset 2}${color4}${font RobotoMono-Light:bold:pixelsize=12}${fs_used_perc /}%${font Roboto-Light:bold:pixelsize=14}${offset 4}${color3} mem ${offset 2}${color4}${font RobotoMono-Light:bold:pixelsize=12}${lua memperc}%${font Roboto-Light:bold:pixelsize=14}${offset 4} ${color3}cpu${offset 2}${color4}${font RobotoMono-Light:bold:pixelsize=12}${lua cpu}%

3. 編集

 文字化けの箇所を修正して、末尾に「システム情報」「ディストリビューション」「デスクトップ名」「Conky バージョン」を表示します。

${voffset -140}${offset 10}${font Roboto-Light:bold:size=12}${color2}${time %A} ${offset 10}${color2}${time %B %d}
 を下記へ

${voffset -140}${offset 10}${font MigMix 1M:bold:size=12}${color2}${time %A} ${offset 10}${color2}${time %B %d}
 末尾に以下を記述します。

$hr
${color}System     :$color $sysname $kernel on $machine
${color}Description:$color ${execi 999999 lsb_release -ds}
${color}Desktop    :$color ${execi 999999 echo $XDG_CURRENT_DESKTOP}
${color}Conky      :$color $conky_version
 編集後、下記の表示になります。
「MX Linux 19.1 XFCE」-「Conky」「編集後」

 色が、ちょっと暗くて、不満なので調整したいところではありますが・・・まぁいいや。

 
 
カウンタバックグラウンド