MX Linux - 19.1 - 概要・共通事項 - ifconfig・sshd・rcs・vim・ftpd

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. vim 設定
4. ftpd 設定

1. 概要

 わたしの使用する、ツール・アプリケーション関係をインストールしておきます。

2. インストール

 「root」ユーザで

apt update
apt -y upgrade
apt -y install net-tools openssh-server rcs vim vsftpd
 「sshd」は、インストール後に起動するので、特に何もすることはありません。  「rcs」は、次項で、コマンドに 「alias」を設定する以外、設定する項目はありません。

3. vim 設定

 各ユーザで  「vim」を「行番号を表示」「ビジュアルモードを無効」という設定にします。

mkdir -pv ~/.vim/after/indent
mkdir -pv ~/.vim/after/plugin

cat - << EOF >> ~/.vim/after/indent/vim.vim
set number
set mouse-=a
EOF

cp ~/.vim/after/indent/vim.vim ~/.vim/after/plugin/.
 「vim」の設定を含め、「bash」の設定をカスタマイズします。  末尾に以下を記述して、下記の設定を行います。 ・「rcs」のチェックイン・チェックアウトのデフォルトをロックモードへ ・「ls」のデフォルトをドットファイル・カラー表示を基本に ・上下の矢印キーでコマンド履歴の補完 ・プロンプトの形式を「ユーザ名@ホスト名 /カレントディレクトリ > 」へ

cat - << EOF >> ~/.bashrc

alias ci='ci -l'
alias co='co -l'
alias ls='ls -a --color'

bind '"\\e[A": history-search-backward'
bind '"\\e[B": history-search-forward'

export PS1='\\u@\\h \$PWD > '
EOF

source ~/.bashrc

4. ftpd 設定

 インストール時点で、起動されます。  設定を変更します。(IPv4 で接続、アップロード可)

vi /etc/vsftpd.conf

# Run standalone?  vsftpd can run either from an inetd or as a standalone
# daemon started from an initscript.
listen=NO
#
# This directive enables listening on IPv6 sockets. By default, listening
# on the IPv6 "any" address (::) will accept connections from both IPv6
# and IPv4 clients. It is not necessary to listen on *both* IPv4 and IPv6
# sockets. If you want that (perhaps because you want to listen on specific
# addresses) then you must run two copies of vsftpd with two configuration
# files.
listen_ipv6=YES
#
# Allow anonymous FTP? (Disabled by default).
anonymous_enable=NO
#
# Uncomment this to allow local users to log in.
local_enable=YES
#
# Uncomment this to enable any form of FTP write command.
#write_enable=YES
 14行目を、「NO」から「YES」へ。  22行目をコメントアウト。  31行目のコメントをはずします。  変更したら、再起動。

service vsftpd restart
 
 
カウンタバックグラウンド