MX Linux - 19 - ブラウザ Chromium

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 ブラウザとして、「Firefox」がデフォルトでインストールされています。  日本語化パッケージをインストールしたら、勝手に日本語化されるんだろうかと思いつつ、「Chromium」をインストールして使います。  「Synaptic」で、「chromium」を検索して、「chromium-l10n」「chromium-sandbox」をインストールします。  (「chromium-sandbox」ってのをインストールしないと、起動できないのだ)

2. 起動

 「スタート」→「インターネット」→「Chromium」
「MX Linux 19」-「スタート」→「インターネット」→「Chromium」

 起動直後の状態です。

「MX Linux 19」- Chromium - 起動直後

 2019年10月24日の時点で、下記のバージョンでした。

「MX Linux 19」- Chromium - バージョン情報

 
 
カウンタバックグラウンド