MX Linux - 19 - パッケージ管理フロントエンド

 
1. 概要
2. Synaptic
3. MX パッケージインストーラ

1. 概要

 パッケージ管理フロントエンドとして「Synaptic」と「MX パッケージインストーラ」がインストールされています。  Linux の一般的なパッケージは「Synaptic」を使用し、MX Linux 固有のパッケージは「MX パッケージインストーラ」を使用するように使い分けます。  操作方法等は、どちらも、「Linux - 共通事項 - パッケージ管理フロントエンド」をご参照ください。

2. Synaptic

 「スタート」→「システム」→「Synaptic」
「MX Linux 19」-「スタート」→「システム」→「Synaptic」

 root パスワードを入力して
 「認証する」

「MX Linux 19」-「認証」

 起動直後の状態です。

「MX Linux 19」-「Synaptic」「起動直後」

 2019年10月24日の時点で、下記のバージョンでした。

「MX Linux 19」- Synaptic バージョン情報

3. MX パッケージインストーラ

 「スタート」→「MX ツール」→「MX パッケージインストーラ」
「MX Linux 19」-「スタート」→「MX ツール」→「MX パッケージインストーラ」

 「Synaptic」と同様、認証が必要です。

 起動直後の状態です。

「MX Linux 19」- 認証

 2019年10月24日の時点で、下記のバージョンでした。

「MX Linux 19」-「MX パッケージインストーラ」「バージョン情報」


 
 
カウンタバックグラウンド