MX Linux - 19 - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. インストール
3. 確認

1. 概要

 日本語化するには、パッケージのインストールが必要です。

2. インストール

 フォントは先に、あえて、root ユーザで

apt install fonts-migmix
 「MX パッケージインストーラ」で「japanese」を検索して  「Japanses_Input_fcitx」ついでに「Japanese_Libreoffice」をチェックしてインストールします。
「MX Linux 19」-「MX パッケージインストーラ」「japanese」検索結果

3. 確認

 前のバージョンでは、不要なものをいれたりして、かえって煩雑でしたね。  今回は、前項のインストールのみで、再起動後に日本語入力が有効になっています。
「MX Linux 19」-「日本語入力確認」


 入力切り替えは、Ctrl+Space半角/全角 で行います。

 Ctrl+Space は、「Eclipse」のコンテンツ・アシストで使用しますので、入力切り替えキーとしては無効にします。

 手順は「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力」をご参照ください。


 
 
カウンタバックグラウンド