Linux - MX Linux - 18.1 - 基本操作 - メニュー編集 - カテゴリとアイテムの入替

 
1. いらないものは表示しない
2. カテゴリとアイテムの入替
3. 編集後

1. いらないものは表示しない

 メニューを右クリックして  「プロパティ」
MX Linux - 18.1 - メニュー右クリック

 ついでにごちゃごちゃしているので、いらないものは表示しないようにします。

 「外観」タブで
 「アプリケーションの説明を表示する」「アプリケーションにツールチップを表示する」のチェックをはずします。

MX Linux - 18.1 - Whisker Menu -「外観」タブ

2. カテゴリとアイテムの入替

 「振る舞い」タブで  「カテゴリを左に表示する」のチェックをいれます。
MX Linux - 18.1 - Whisker Menu -「振る舞い」タブ

3. 編集後

 編集後はこんな感じです。
MX Linux - 18.1 - メニュー - 編集後

 すっきりして、わたしには断然こちらの方が操作しやすいのだ。