Fedora - 32 - LXQt - インストール

 クラウディア
1. 概要
2. 起動
3. インストール
4. 再起動後

1. 概要

 画面や操作が「MATE」と若干異なる部分がありますので、記載しますが、その他は「Fedora - 32 - 共通事項」のインストールの手順をご参照ください。  「Windows 10 1909」をホストとして、「VirtualBox 6.1.6」上のゲストとして、「Fedora 32 LXQt」をインストールしています。  「VirtualBox」のグラフィックスコントローラは、「VBoxVGA」を設定しています。

2. 起動

 インストーラ起動時に、デスクトップ画面から始まります。  「Install to Hard Drive」を右クリックして  「Open」
「Fedora 32 LXQt」-「Install to Hard Drive」

 「Execute」

「Fedora 32 LXQt」-「Execute file」

 「VirtualBox」上の場合、ホストの設定を読み取るのか、日本語で始まります。
 「続行」

「Fedora 32 LXQt」-「キーボード」

3. インストール

 以降の手順は「Fedora - 32 - MATE」と同様となりますので、そちらをご参照ください。
「Fedora 32 LXQt」-「FEDORA 32 へようこそ」

 インストールが、完了したら
 「終了」

「Fedora 32 LXQt」-「インストール完了」

 デスクトップ上に戻って、再起動します。

4. 再起動後

 ログイン画面が表示されれば、インストールは完了です。
「Fedora 32 LXQt」-「ログイン画面」

JETBOYTokyo Speed Wi-FiSirusi
 
 
カウンタバックグラウンド