Fedora - 32 - MATE - 開発環境 Eclipse

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 日本語化
4. 起動

1. 概要

 開発環境として、「Eclipse」を使用します。  最初、「yum」でインストールしようとしましたが、起動時にこけてしまいましたので、手動でインストールします。

2. インストール

 「root」ユーザで、下記の手順でインストールします。  まず、「openjdk」を必要としますので、あらかじめインストールしておきます。

yum -y install java-11-openjdk
 「Eclipse」本体の、ダウンロードと手動インストールに関しては、「Eclipse - ダウンロード・インストール・マーケットプレース・アップデート」をご参照ください。

3. 日本語化

 日本語化して、メニューへ組み込みます。

/home/hogehoge/eclipse/eclipse/
 をベースディレクトリとしてインストールしたものとして。  ログインユーザで

mkdir -pv /tmp/pleiades
curl http://ftp.jaist.ac.jp/pub/mergedoc/pleiades/build/stable/pleiades.zip --output /tmp/pleiades/pleiades.zip
cd /tmp/pleiades
unzip ./pleiades.zip
mkdir -pv ~/eclipse/eclipse/features
cp -pfR features/* ~/eclipse/eclipse/features/.
cp -pfR plugins/*  ~/eclipse/eclipse/plugins/.

cat << EOF >> $HOME/eclipse/eclipse/eclipse.ini
-Xverify:none
-javaagent:$HOME/eclipse/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
EOF
 メニューへ組み込むには、「root」ユーザで

ln -s /home/hogehoge/eclipse/eclipse/eclipse /usr/local/bin/eclipse
ln -s /home/hogehoge/eclipse/eclipse/icon.xpm /usr/share/icons/default/icon.xpm

cat << EOF >> /usr/share/applications/eclipse.desktop
[Desktop Entry]
Version=1.0
Encoding=UTF-8
Name=Eclipse
Name[ja]=Eclipse
GenericName=Eclipse
GenericName[ja]=Eclipse
Comment=Eclipse
Comment[ja]=開発環境
Exec=eclipse
Icon=/usr/share/icons/default/icon.xpm
StartupNotify=false
Type=Application
Categories=Development;
EOF

4. 起動

 「スタート」→「プログラミング」→「Eclipse」
「Fedora 32 MATE」-「スタート」→「プログラミング」→「Eclipse」

 「起動」

「Fedora 32 MATE」-「Eclipse」-「ワークスペース選択」

 起動直後の状態です。

「Fedora 32 MATE」-「Eclipse」-「起動直後」

 2020年5月8日の時点で、下記のバージョンでした。

「Fedora 32 MATE」-「Eclipse」-「バージョン情報」

JETBOYKiPuRuSirusi
 
 
カウンタバックグラウンド