Fedora - 31 - LXQt - ブラウザ Chromium

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 ブラウザとして、「Falkon」がデフォルトでインストールされています。  これが、メニュー関係は英語でもまだ許すとして・・・検索後に日本語が入力できんのです。  これは、困る。  「Chromium」をインストールして、使用します。  「dnfdoragora」で、「chromium」を検索して、インストールします。

2. 起動

 「スタート」→「インターネット」→「Chromium」
「Fedora 31 LXQt」- Chromium -「スタート」→「インターネット」→「Chromium」

 起動直後の状態です。

「Fedora 31 LXQt」- Chromium -「起動直後」

 2019年11月11日の時点で、下記のバージョンでした。

「Fedora 31 LXQt」- Chromium -「バージョン情報」


 
 
カウンタバックグラウンド