Fedora - 31 - LXQt - 基本操作

 
1. 概要
2. 共通事項
3. カスタマイズ前後
4. 日本語入力

1. 概要

 アプリケーションをインストールする前の、基本的な操作について、記述します。

2. 共通事項

 「LXQt」の共通的な操作やカスタマイズ方法については、「LXQt - 共通事項」をご参照ください。  本環境に適用したのは、下記の項目です。 ・画面キャプチャ ・フォント ・解像度  フォントは、「MigMix 1M 10pt」を基調としました。  「migmix」のパッケージは、リポジトリに存在しませんので、インストール方法は、「Linux - 共通事項」をご参照ください。

3. カスタマイズ前後

 デフォルトのデスクトップ・パネル・メニューです。
「Fedora 31 LXQt」-「デフォルトのデスクトップ・パネル・メニュー」

 カスタマイズ後のデスクトップ・パネル・メニューです。

「Fedora 31 LXQt」-「カスタマイズ後のデスクトップ・パネル・メニュー」

4. 日本語入力

 他のディストリビューションでは、あらかじめ、「IBus-kcc」がインストールされていましたが、このディストリビューションでは、インストールされていません。  手間がはぶけるってもんで、ありがたい。  後述する、「dnfdragora」で、「fcitx」を検索して、「fcitx」「fcitx-anthy」「fcitx-configtool」をインストールします。  インストールして、再起動すれば、設定なしに、日本語入力が有効になっています。
「Fedora 31 LXQt」-「日本語入力確認」


 Ctrl+Space もしくは 半角/全角 で、入力切り替えを行います。

 Ctrl+Space を無効にする場合は、「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力」をご参照ください。


 
 
カウンタバックグラウンド