Fedora - 31 - KDE - ドキュメントビューア Okular

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 ドキュメントビューアとして、「Okular」を使用します。  「Okular」は、デフォルトでインストールされています。

2. 起動

 「スタート」→「オフィス」→「Okular」
「Fedora 31 KDE」-「スタート」→「オフィス」→「Okular」

 ファイルを開いたところです。
 日本語も綺麗に表示されています。

「Fedora 31 KDE」-「Okular」「ファイルオープン時」

 2019年11月11日の時点で、下記のバージョンでした。

「Fedora 31 KDE」- Okular - バージョン情報

 
 
カウンタバックグラウンド