Fedora - 31 - MATE - メールクライアント Thunerbird

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 メールクライアントとして「Thunderbird」がインストールされており、日本語化されています。

2. 起動

 「スタート」→「インターネット」→「Thunerbird」
「Fedora 31 MATE」-「スタート」→「インターネット」→「Thunerbird」

 初回起動時は「アカウントセットアップ」から始まります。

「Fedora 31 MATE」-「Thunerbird」「アカウントセットアップ」

 起動直後の状態です。

「Fedora 31 MATE」-「Thunerbird」「起動直後」

 2019年11月1日の時点で、下記のバージョンでした。

「Fedora 31 MATE」-「Thunerbird」「バージョン情報」

 「アカウントセットアップ」他、操作方法については、「メールクライアント - Thunerbird」をご参照ください。

 
 
カウンタバックグラウンド