Fedora - 31 - MATE - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 確認

1. 概要

 日本語入力として、あらかじめ、「IBus-kcc」がインストールされていますが、くそ(「IBus」「1.5」「使えない」で検索をどうぞ)なので、使いません。  「fcitx-anthy」が使えるので、これを有効にします。

2. インストール

 「dnfdragora」で、「ibus」を検索して、「ibus」「ibus-kkc」「ibus-m17n」をアンインストールします。  次に「fcitx」を検索して、「fcitx」「fcitx-anthy」「fcitx-configtool」をインストールします。

3. 設定

 root ユーザで(「fcitx」の環境設定)

echo "export GTK_IM_MODULE=fcitx"  >> /etc/environment
echo "export QT_IM_MODULE=fcitx"   >> /etc/environment
echo "export XMODIFIERS=@im=fcitx" >> /etc/environment
 「fcitx」の起動は不要でした、逆に設定すると、下記のダイアログが出ちゃいました。
「Fedora 31 MATE」-「システム」→「コントロールセンター」

4. 確認

 再起動後に、ログインすると、日本語入力が有効になっています。
「Fedora 31 MATE」-「日本語入力確認」


 Ctrl+Space もしくは 半角/全角 で、入力切り替えを行います。

 Ctrl+Space を無効にする場合は、「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力」をご参照ください。


 
 
カウンタバックグラウンド