Fedora - 31 - GNOME - メディアプレイヤー Totem

 
1. 概要
2. 試行錯誤(SMPlayer)
3. H.264 デコーダインストール
4. 起動

1. 概要

 メディアプレイヤーとして、名前が「ビデオ」(やれやれ・・・)というものがインストールされていますが、使い方もようわからんので「SMPlayer」をインストールして使おうとしましたが、結局、ビデオコンテンツの再生時にクラッシュするので、「Totem」を使用することにします。

2. 試行錯誤(SMPlayer)

 「SMPlayer」のインストールのみは成功するので、その記録だけ残しておきます。  「gnome-software」「yum」ともパッケージが存在しません。  下記のサイトにお世話になります。
パッケージのインストール: home:smplayerdev / smplayer」
「RPM Fusion - RPM Fusion
 以下、すべて root ユーザで。  パッケージを集めます。

curl https://download1.rpmfusion.org/free/fedora/releases/31/Everything/x86_64/os/Packages/r/rpmfusion-free-release-31-1.noarch.rpm --output /tmp/rpmfusion-free-release-31-1.noarch.rpm
dnf config-manager --add-repo https://download.opensuse.org/repositories/home:smplayerdev/Fedora_28/home:smplayerdev.repo
 インストール

yum install rpm-ostree
yum install /tmp/rpmfusion-free-release-31-1.noarch.rpm
dnf install smplayer
 で、一応、「SMPlayer」のインストールのみは成功します。

3. H.264 デコーダインストール

 ビデオコンテンツ(.mp4)再生で、「SMPlayer」がこけるので、「Totem」を使用しようとしたら、これがまた、「H.264」のデコーダがないっちゅうてこけます。  デコーダは、「ソフトウェア(gnome-software)」でインストールすることができました。  「ソフトウェア(gnome-software)」で、「GStreamer 264」を検索します。
「Fedora 31 GNOME」-「ソフトウェア」

 画像は、インストールした後にとったので、「インストール済」になっていますが、下の方をインストールします。

4. 起動

 「スタート」→「サウンドとビデオ」→「ビデオ」  (例によって、「GNOME」ネイティブなプログラムは、本名を名乗らないのだ)
「Fedora 31 GNOME」-「スタート」→「サウンドとビデオ」→「ビデオ」

 起動直後の状態です。
 (これまた、一度再生しちゃったので、再生済のビデオコンテンツが残っちゃってますが・・・)

「Fedora 31 GNOME」-「Totem」「起動直後」

 コンテンツ再生時に、ローカルのファイルを再生するときは「+」で、ファイル選択ダイアログが開くので、そこで選択します。

 ビデオコンテンツがやっと再生できました。
 再生は、画像がかくかく動きます。さすがだわ、「GNOME」。

「Fedora 31 GNOME」-「Totem」「ビデオコンテンツ再生中」

 で、例によって、「GUI」でバージョン情報を見ることはできないので、それは、割愛します。


 
 
カウンタバックグラウンド