=Fedora - 31 - 共通事項 - SMPlayer インストール

 
1. 概要
2. 周辺インストール
3. 本体インストール

1. 概要

 マルチメディアプレーヤーとして、わたしの愛用している「SMPlayer」は、このディストリビューションでは、リポジトリに存在しません。  「.rpm」を集めて、インストールします。  「GNOME」では、やっていません。  「MATE」では、ビデオコンテンツが再生できました。

2. 周辺インストール

 下記の、サイトにお世話になります。
RPM Fusion - RPM Fusion」
「Packages Search - pkgs.org
 依存するモジュールをダウンロードして、インストール。

yum -y install rpm-ostree

curl https://download1.rpmfusion.org/free/fedora/releases/31/Everything/x86_64/os/Packages/r/rpmfusion-free-release-31-1.noarch.rpm --output /tmp/rpmfusion-free-release-31-1.noarch.rpm
yum -y install /tmp/rpmfusion-free-release-31-1.noarch.rpm

3. 本体インストール

 次が、本体のインストールですが。  リポジトリに存在しているものを

curl http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/updates/30/x86_64/s/smplayer-19.5.0-4.fc30.x86_64.rpm --output /tmp/smplayer-19.5.0-4.fc30.x86_64.rpm
yum -y install /tmp/smplayer-19.5.0-4.fc30.x86_64.rpm
 2019年11月8日以降は、前項で設定したリポジトリに存在するようです。  「19.10.0」「19.5.0」の2パッケージが存在するのですが、「19.10.0」をインストールしたら、ビデオコンテンツ再生中にこけましたので、「19.5.0」をインストールした方が良いと思います。
 
 
カウンタバックグラウンド