Linux - Fedora - 30 - LXQt - 基本操作 - 画面キャプチャ

 
1. 概要
2. インストール
3. ショートカットキー設定

1. 概要

 「LXQt」では、ネイティブな画面キャプチャ用のプログラムとして「lximage-qt」を「--screenshot」というモードで起動するようになっています。  しかしまぁ、これがキャプチャを撮ったあと、画像ビューアが起動して、クリップボードにコピーするには、その画像ビューアでクリップボードにコピーする操作が必要なのです。  これは、ちょっと面倒くさい。  ということで、このサイトではお馴染み「mate-screenshot」を使用します。

2. インストール

 後述する、パッケージ管理フロントエンド「Dnfdragora」で、「mate-utils」を検索してインストールします。

3. ショートカットキー設定

 以下のようにショートカットキーを設定します。 ・Print 全画面キャプチャ ・Alt+Print アクティブウィンドウキャプチャ  「スタート」→「設定」→「Shortcut Keys」
「Fedora 30 LXQt」-「スタート」→「設定」→「Shortcut Keys」

 「追加」

「Fedora 30 LXQt」-「Global Actions Manager」

 「ショートカット」横の空白を押すとキー入力待ち(10秒)になりますので Print
 コマンド欄に「mate-screenshot」を入力して

「Fedora 30 LXQt」-「動作の編集」

 「OK」

「Fedora 30 LXQt」-「動作の編集」入力後

 同じ要領で
 「ショートカット」に Alt+Print
 コマンド欄に「mate-screenshot -w」を設定します。


 上記の設定で、Print で、ネイティブな方のスクリーンショットが起動したので、見直し・・・。

 もともとあった、Print の方を無効化します。

「Fedora 30 LXQt」-「Global Actions Manager」オリジナルの Print の無効化

 
 
カウンタバックグラウンド