Linux - Fedora - 30 - XFCE - ブラウザ Vivaldi

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 ブラウザとして、Firefox がデフォルトでインストールされていますが、日本語化するのが面倒だった類り・・・、諸事情により、Vivaldi をインストールします。  残念ながら「Dnfdragora」「yum」には、見当たらないので、直接インストールします。  インストールの方法については「ブラウザ - Vivaldi - 概要・ダウンロード・インストール」をご参照ください。

2. 起動

 「スタート」→「インターネット」→「Vivaldi」
「Fedora 30 XFCE」- Vivaldi -「スタート」→「インターネット」→「Vivaldi」

 初回起動時は、パスワード設定を求められます。
 (デスクトップにより求められないのは、何の違いがあるのだろう?)
 設定すると、毎回パスワードを入力しなければならないそうなので、空白のまま進みます。
 「続行」

「Fedora 30 XFCE」- Vivaldi -「新しいキーリングのパスワード入力」

 「続行」

「Fedora 30 XFCE」- Vivaldi -「暗号化していないパスワードを保存しますか」

 起動直後の状態です。

「Fedora 30 XFCE」- Vivaldi - 起動直後

 起動時点で日本語化されていますので、すぐに使えます。


 2019年6月3日時点で、下記のバージョンでした。

「Fedora 30 XFCE」- Vivaldi - バージョン情報