Linux - Fedora - 30 - XFCE - 基本操作 - 画面キャプチャ

 
1. 概要
2. インストール
3. ショートカットキー設定

1. 概要

 「XFCE」では、ネイティブな画面キャプチャ用のプログラムとして「xfce4-screenshooter」というものが用意されています。  クリップボードにコピーする機能もあるのですが、VirtualBox のクリップボードにコピーできないので、「mate-screenshot」を使用します。

2. インストール

 後述する、パッケージ管理フロントエンド「Dnfdragora」で、「mate-utils」を検索してインストールします。

3. ショートカットキー設定

 以下のようにショートカットキーを設定します。 ・Print 全画面キャプチャ ・Ctrl+Print アクティブウィンドウキャプチャ  (Alt キーはアプリケーションでショートカットとして認識しないことが多い。「XFCE」もその一つ)  「スタート」→「設定」→「キーボード」
「Fedora 30 XFCE」-「スタート」→「設定」→「キーボード」

 「アプリケーションショートカットキー」タブで
 「Print」を選択して
 「編集」

「Fedora 30 XFCE」-「キーボード」

 「コマンド」に「mate-screenshot」と入力して
 「OK」

「Fedora 30 XFCE」-「ショートカットのコマンド」

 う~ん。「Print」を編集するつもりだったんだがな。
 入力し直さないとならないようです。

 Print

「Fedora 30 XFCE」-「コマンドショートカット」

 「mate-screenshot で使う」

「Fedora 30 XFCE」-「Print のアクションの衝突」

 同じ要領で

 「コマンド」に「mate-screenshot -w」
 「キー」に Ctrl+Print

 を設定します。

 これで、わたしの意図通りに「mate-screenshot」が機能します。