Linux - Fedora - 30 - XFCE- オフィススイート LibreOffice

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 オフィススイートとして、「KDE」製のものがありますが、よう使いきらんし、「LibreOffice」を使用します。  「Discover」で「libreoffice-langpack-ja」を検索して、インストールします。  が、実体もくっついてくると思ったら、インストールされていないので再度「Discover」で「ja-libreoffice」を検索して・・・。  個別にインストールするしかないようです。  (「Base」をインストールすると「Writer」「Calc」も同時にインストールされる模様 )
「Fedora 30 XFCE」-「Discover」「ja-libreoffice」検索結果

2. 起動

 個別に起動するので、代表で「LibreOffice Writer」を  「スタート」→「オフィス」→ 「LibreOffice Writer」
「Fedora 30 XFCE」-「スタート」→「オフィス」→ 「LibreOffice Writer」

 起動直後の状態です。

「Fedora 30 XFCE」-LibreOffice -「LibreOffice Writer」起動直後

 2019年5月31日時点で、下記のバージョンでした。

「Fedora 30 XFCE」- LibreOffice -「バージョン情報」

 操作方法等については「オフィススィート LibreOffice」をご参照ください。

 
 
カウンタバックグラウンド