Linux - Fedora - 30 - 共通事項 - SMPlayer インストール

 
1. 概要
2. ダウンロード
3. インストール

1. 概要

 メディアプレイヤーとして、わたしは、使い慣れているので、「SMPlayer」を使うのですが。  「Fedora」では、GUI のパッケージ管理フロントエンドにも、「yum」のリポジトリにも「SMPlayer」は、存在しないようです。  いささか手順が複雑なので、まとめて、ここで共通事項として記述しておきます。  以下の画面のキャプチャは、「MATE」のものを使用しております。

2. ダウンロード

 「smplayer」のダウンロードサイトよりダウンロードします。
パッケージのインストール: home:smplayerdev / smplayer
 「Fedora」
「Fedora 30 MATE」-「smplayer」ダウンロードサイト

 「バイナリパッケージを直接取得する」

「Fedora 30 MATE」-「smplayer」ダウンロードサイト「バイナリパッケージを直接取得する」

 対応するアーキテクチャのものをダウンロードします。(わたしの場合は「x86_64」)
 バージョン 28 のものしかありませんが、仕方ないですね。

「Fedora 30 MATE」-「smplayer」「バイナリパッケージを直接取得」

 次に、下記のサイトへ移動して

RPM Fusion - RPM Fusion
 対応するバージョン・アーキテクチャのものをダウンロードします。  わたしの場合、今回は、「Fedora」「30」「release」「Free」「x86_64」
「Fedora 30 MATE」-「RPM Fusion」

 「rpmfusion-free-release-30-1」

「Fedora 30 MATE」-「RPM Fusion」Free

 「rpmfusion-free-release-30-1.noarch」

「Fedora 30 MATE」-「RPM Fusion」Free「Download」

3. インストール

 必要なものが、ダウンロードできたら・・・。  root ユーザで(問い合わせには、すべて y で答えます)

yum install rpm-ostree
yum install rpmfusion-free-release-30-1.noarch.rpm
yum install smplayer-19.5.0-2.1.x86_64.rpm
 インストールが終われば、メニューに組み込まれます。
 
 
カウンタバックグラウンド