2. Fedora/FTPサーバを起動する

 
 いささか必要があるので FTP サーバをインストールして起動します。  CentOS とほぼ同じやり方で大丈夫でした。
2.1 インストール
2.2 構成ファイルの設定
2.3 Firewall の停止
2.4 vsftpd 起動
2.5 アクセス許可の設定

2.1 インストール

 GNOME のユーティリティからはインストールできないようなので、端末を開いて

> yum -y install vsftpd

2.2 構成ファイルの設定

 インストールが完了したら /etc/vsftpd/vsftpd.conf の中身を2ヶ所書き換えて IPV6 を無効に IPV4 を有効にします。IPV4 でつなぎたかったのです。

listen=YES
listen_ipv6=NO

2.3 Firewall の停止

 Firewall が有効になっていてアクセスできないので

> systemctl stop firewalld.service

2.4 vsftpd 起動


> systemctl stop vsftpd.service

2.5 アクセス許可の設定

 そのまま FTP でダウンロードしようとすると「550 Failed to open file」となってしまうので

> setsebool -P ftpd_full_access 1
 ちなみにアクセス許可状況を参照するには

> getsebool -a
 結構な行数出力されるので「| grep ftpd」で表示を絞り込むのがいいでしょう。  上記までの作業でうまくダウンロードできました。あくまでもテンポラリの処置です。