CentOS - 8.0 - タスクマネージャ Conky

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 自動起動
5. 表示

1. 概要

 「Conky」は、Unix/Linux で動作する、タスクマネージャです。  詳細は、「Conky - Wikipedia」をご参照ください。

2. インストール

 「ソフトウェア(gnome-software)」にはありません。  「CentOS 6」「CentOS 7」は、「epel-release」のリポジトリにあったようで、「CentOS 8」に登録されるのを待っていましたが。  なかなか登録されません(2019年12月24日)。  「GitHub」から、ソースをダウンロードして、ビルドしようとするも失敗。  いささか大胆なことをすることになりました。  実は「GitHub」には、「AppImage」が存在するので直接ダウンロードして使ってみます。
Releases · brndnmtthws/conky · GitHub
 当初、「curl」でとってこようとしましたが、「curl」では失敗しました。  最新リリースの「conky-x86_64.AppImage」をダウンロードします。
「CentOS 8.0」-「Conky」「ダウンロードサイト」

 「/tmp」直下にダウンロードして、「root」ユーザで


mv /tmp/conky-x86_64.AppImage /usr/bin/conky
chmod +x /usr/bin/conky

3. 設定

 設定ファイルを作成して、編集します。

mkdir -pv ~/.config/conky/
conky --print-config > ~/.config/conky/conky.conf
vi ~/.config/conky/conky.conf

conky.config = {
    alignment = 'top_left',
    background = false,
    border_width = 1,
 左上表示を右上へ移動、バックグラウンドモード・ダブルバッファリングを有効にします。

conky.config = {
    alignment = 'top_right',
    background = true,
    double_buffer = true,
    border_width = 1,

font = 'DejaVu Sans Mono:size=12',
    gap_x = 60,
    gap_y = 60,
 文字を少し小さくして、右端との距離を少しせまくします。

font = 'DejaVu Sans Mono:size=9',
    gap_x = 10,
    gap_y = 60,

own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'desktop',
    show_graph_range = false,
 透過して、背景の上・アクティブウィンドウの下に表示します。

own_window_class = 'Conky',
    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'dock',
    own_window_argb_visual = true,
    own_window_argb_value  = 100,
    show_graph_range = false,

${color grey}Info:$color ${scroll 32 Conky $conky_version - $sysname $nodename $kernel $machine}
 「システム情報」を1行で、スクロール表示していますが  「システム情報」「ディストリビューション」「デスクトップ」「Conky バージョン情報」を4行で表示します。

${color grey}System     :$color $sysname
${color grey}System     :$color $kernel on $machine
${color grey}Description:$color ${execi 999999 lsb_release -ds | sed "s/\"//g"}
${color grey}Desktop    :$color ${execi 999999 echo $XDG_CURRENT_DESKTOP}
${color grey}Conky      :$color $conky_version

4. 自動起動

 ログイン時に、自動起動するように設定します。

cat - << EOF >>  ~/.config/autostart/conky.desktop
[Desktop Entry]
Exec=/usr/bin/sh -c "sleep 5 && /usr/bin/conky"
Icon=application-x-shellscript
Name=conky
Type=Application
Version=1.0
EOF
 「sleep 5」は、ログインして、「Conky」が起動するまでの時間を秒単位で指定します。  デスクトップの速度に合わせて調整します。  画面を閉じて、ログインし直します。

5. 表示

 ログイン後、デスクトップ右に、「Conky」の表示が現れます。
「CentOS 8.0」-「Conky 表示」

KiPuRuU-NEXT
 
 
カウンタバックグラウンド