CentOS - 8.0 - メディアプレイヤー SMPlayer

 
1. 概要
2. インストール
3. 起動

1. 概要

 メディアプレイヤーとして、名前が「ビデオ」(やれやれ・・・)というものがインストールされています。  「pgrep」で、探してやっと名前がわかりました。「Totem」というようです。  「SMPlayer」が、「ソフトウェア(gnome-software)」にないので、「ビデオ(Totem)」を使おうと思い、ビデオコンテンツを再生しようとしたら、コーデックがないので再生できないという。  コーデックをインストールしようとしたら、「Fedora」にあるパッケージが「CentOS」にはないため、どうしても再生できない。  「Fedora 31」で「SMPlayer」のインストールに成功したので、「CentOS 8」でもなんとか探し当てました。  本稿は、「CentOS 8 repository - Remi's RPM repository - Blog」を参考にさせていただきました。

2. インストール

 リポジトリの追加と、パッケージのインストール、モジュールの直接ダウンロード・インストール、最終的に、「smplayer」のインストールになります。  root ユーザで

dnf config-manager --set-enabled PowerTools

yum -y install rpm-ostree
yum -y install rubberband ladspa

curl http://download1.rpmfusion.org/free/el/updates/8/x86_64/r/rpmfusion-free-release-8-0.1.noarch.rpm --output /tmp/rpmfusion-free-release-8-0.1.noarch.rpm
yum -y install /tmp/rpmfusion-free-release-8-0.1.noarch.rpm

yum -y install smplayer

3. 起動

 「スタート」→「サウンドとビデオ」→「SMPlayer」
「CentOS 8.0」-「スタート」→「サウンドとビデオ」→「SMPlayer」

 ビデオコンテンツを再生してみました。
 無事、快適に再生できました。

「CentOS 8.0」-「SMPlayer」「起動直後」

 2019年11月2日の時点で、下記のバージョンでした。

「CentOS 8.0」-「SMPlayer」「バージョン情報」


 
 
カウンタバックグラウンド