CentOS - 8.0 - 基本操作 - sudo・sshd・ftpd・rcs

 
1. 概要
2. sudo
3. sshd
4. ftpd
5. rcs

1. 概要

 わたしの使用する、ツールの類です。  「rcs」が、リポジトリから、消えています。  困ったけど、「CentOS 7」のものをダウンロードしてきて、直接インストールすることができました。

2. sudo

 元々は、須藤さんは、好きではなかったのですが、「Linux」をさわるときは、癖になっているので・・・有効にします。  「sudo」自体は、有効になっているので・・・。  「/etc/sudoers」に、ユーザを追加して、「sudo」を有効にします。  root ユーザで

visudo

## Allow root to run any commands anywhere
root    ALL=(ALL)       ALL
 の下に

ユーザ名 ALL=(ALL)       ALL
 の形式で、「sudo」を有効にするユーザを追加します。

3. sshd

 オペレーティングシステムのインストール時点で、インストール済、起動済です。

4. ftpd インストール

 root ユーザで、インストールついでに、ftp クライアントも

yum install vsftpd ftp
 IPv4 で動作するようにします。

vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

# with the listen_ipv6 directive.
listen=NO
#
# This directive enables listening on IPv6 sockets. By default, listening
# on the IPv6 "any" address (::) will accept connections from both IPv6
# and IPv4 clients. It is not necessary to listen on *both* IPv4 and IPv6
# sockets. If you want that (perhaps because you want to listen on specific
# addresses) then you must run two copies of vsftpd with two configuration
# files.
# Make sure, that one of the listen options is commented !!
listen_ipv6=YES
 を下記に変更することで

# with the listen_ipv6 directive.
listen=YES
#
# This directive enables listening on IPv6 sockets. By default, listening
# on the IPv6 "any" address (::) will accept connections from both IPv6
# and IPv4 clients. It is not necessary to listen on *both* IPv4 and IPv6
# sockets. If you want that (perhaps because you want to listen on specific
# addresses) then you must run two copies of vsftpd with two configuration
# files.
# Make sure, that one of the listen options is commented !!
listen_ipv6=NO
 「anonymous」接続禁止、ログインユーザ接続可・書き込み可、IPv4 接続、IPv6 接続なしになります。  起動。

service vsftpd start
 「SELinux」ってやつの設定も変更しておきます。

setsebool -P ftpd_full_access 1
 だがしかし、これだけでは、外部からの接続は、できないのでした・・・。  ファイアウォールの設定が必要なようです。  ファイアウォールの設定については、次ページ以降で・・・。  あんど・・・。  「FFFTP」で、「PASV を使う」を有効にすると、ディレクトリの一覧も見られないし、アップロードもできないようです。  仕方なく、上記のチェックをはずして、アップロードしましたが、  「/etc/vsftpd/vsftpd.conf」に

pasv_enable=YES
 の行をいれて、vsftpd を restart してもだめでした。  そのうちゆっくり調べてみようかしら・・・。

5. rcs

 リポジトリに存在しないので、「CentOS 7」のものを直接、ダウンロードして、インストールします。

curl http://mirror.centos.org/centos/7/os/x86_64/Packages/rcs-5.9.0-5.el7.x86_64.rpm --output /tmp/rcs-5.9.0-5.el7.x86_64.rpm
yum -y install /tmp/rcs-5.9.0-5.el7.x86_64.rpm
 
 
カウンタバックグラウンド