CentOS - 6.8 - JRE1.6 インストール

 クラウディア
1. 概要
2. ダウンロード
3. インストール

1. 概要

 今度は、「JRE1.6」をインストールしなければならない事情が出てきたのです。  しかも、その時点最新の「Eclipse」を使用するために「JRE1.8」をインストールしてしまった後に・・・です。

2. ダウンロード

 ダウンロードサイトを探す際に、「Oracle「のサイトに「ユーザーがJavaの古いバージョンをすべてシステムから削除することを強くお薦めします。Javaの古くてサポートされていないバージョンをシステム上に残しておくと、重大なセキュリティ・リスクが生じます。」とやたら気になる記述がありますが特に対象とするのが、「Windows」ユーザとあるので、ちょっとだけ安心。  「Windows」は、基本的にバージョンの混在を許さないような形になっているからなぁ。  で、まぁ、下記のサイトからたどってダウンロードするわけです。
Oracle Java Archive | Oracle Technology Network | Oracle
 今回、「64bit CentOS6.8」の「JRE1.6」になりますので、下記で  「Accept License Agreement」をチェックして  「jre-6u43-linux-x64-rpm.bin」を右クリックしてダウンロードします。
「Java SE6」-「ダウンロードサイト」

 ダウンロードするには、「Oracle」へのサインインが必須になりますので、「Oracle」へのユーザ登録が必要になります。

3. インストール

 「/tmp/jre6」というディレクトリを作成してそこに

jre-6u45-linux-x64-rpm.bin
 を置きました。  root ユーザで

> cd /tmp/jre6
> chmod +x jre-6u45-linux-x64-rpm.bin
> ./jre-6u45-linux-x64-rpm.bin
Unpacking...
Checksumming...
Extracting...
UnZipSFX 5.50 of 17 February 2002, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
  inflating: jre-6u45-linux-amd64.rpm
準備中...  ########################################### [100%]
   1:jre   警告: /etc/init.d/jexec は /etc/init.d/jexec.rpmorig として保存されました。
########################################### [100%]
Unpacking JAR files...
        rt.jar...
        jsse.jar...
        charsets.jar...
        localedata.jar...
        plugin.jar...
        javaws.jar...
        deploy.jar...

Done.
 インストール後に、「/usr/java/」を見てみましたらば

合計 16
drwxr-xr-x   4 root 4096  9月 14 18:18 2017 .
drwxr-xr-x. 14 root 4096  3月 27 08:53 2013 ..
lrwxrwxrwx   1 root   16  8月 18 17:21 2017 default -> /usr/java/latest
drwxr-xr-x   7 root 4096  9月 14 18:18 2017 jre1.6.0_45
drwxr-xr-x   7 root 4096  8月 18 17:21 2017 jre1.8.0_131
lrwxrwxrwx   1 root   22  8月 18 17:21 2017 latest -> /usr/java/jre1.8.0_131
 となっておりましたので一応、共存はできているのかな・・・と。  「latest」のリンクを置き換えるかどうかは、今後のプログラム等の動きを見てから決めることとします。
 
 
カウンタバックグラウンド