Ubuntu - 20.04 - 日本語入力

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 確認

1. 概要

 日本語入力は、デフォルトで「IBus-mozc」がインストールされており、Win+Space で入力切り替えを行いますが・・・だ。  キー操作・切り替え表示のうざさ・・・。  「IBus-mozc」は、嫌いなので、可能な限り「fcitx-mozc」を使用します。

2. インストール

 競合を避けるために、IBus は削除します。  「Ubuntu software」で「IBus」を検索して、以下のパッケージを削除します。
「IBus の設定」
「IBus Table」
 「Ubuntu software」で「fcitx」を検索して「Fcitx」「Fcitx 設定」をインストールします。  「fcitx-mozc」は「Ubuntu software」には見当たらないので、「apt」でインストールします。  「root」ユーザで

apt -y install fcitx-mozc

3. 設定

 以前、再起動で有効になっていた時期もあるのですが、少なくとも今(2020年4月27日)は、再起動だけでは有効になりません。  ログイン時に「fcitx」を起動するようにします。  ログインユーザで

mkdir -pv ~/.config/autostart

cat << EOF >> ~/.config/autostart/fcitx.desktop
[Desktop Entry]
Exec=/usr/bin/fcitx-autostart
Icon=application-x-shellscript
Name=fcitx
Type=Application
Version=1.0
EOF

4. 確認

 ログインし直せば、日本語入力できるようになっています。
「Ubuntu 19.10」-「日本語入力確認」


 Ctrl+Space もしくは 半角/全角 で、入力切り替えを行います。

 Ctrl+Space を無効にする場合は、「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力」をご参照ください。

 
 
カウンタバックグラウンド