Ubuntu BUDGIE - 19.10 - オフィススイート LibreOffice

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 オフィススイートとして「LibreOffice」を使用します。  「LibreOffice」はデフォルトでインストールされており、日本語化されています。  ただし、「meta-package」がインストールされていませんので、「Synaptic」で、「libreoffice」を検索して、インストールします。  あんど。  root ユーザで

vi /usr/share/applications/libreoffice-startcenter.desktop

StartupNotify=true
X-GIO-NoFuse=true
StartupWMClass=libreoffice-startcenter
X-KDE-Protocols=file,http,ftp,webdav,webdavs
X-AppStream-Ignore=True
NotShowIn=GNOME;
 221行目の先頭に「#」をいれて、コメントアウトします。

2. 起動

 「スタート」→「オフィス」→「LibreOffice」
「Ubuntu BUDGIE 19.10」-「スタート」→「オフィス」→「LibreOffice Writer」

 起動直後の状態です。

「Ubuntu BUDGIE 19.10」- LibreOffice - 起動直後

 2019年10月29日の時点で、下記のバージョンでした。

「Ubuntu BUDGIE 19.10」- LibreOffice - バージョン情報

 
 
カウンタバックグラウンド