Linux - Lubuntu - 19.04 - 基本操作 - 画面キャプチャ

 
1. 概要
2. ショートカットキーの割り当て

1. 概要

 LXDE には、scrot という画面キャプチャ用のプログラムがあるのですが・・・。  どうも、わたしが調べた限りでは、クリップボードにコピーする機能がなさそう。  おなじみ、mate-screenshot を使用します。

sudo apt intall mate-utils

2. ショートカットキーの割り当て

 LXDE には、ショートカットキー変更の GUI がないらしい。

~/.config/openbox/lxqt-rc.xml
 を編集するとのこと。  ある意味、操作間違いはないわな。  わたしの環境はデフォルトでキー操作は

  <keyboard>
    <chainQuitKey>C-g</chainQuitKey>
    <!-- Keybindings for desktop switching -->
    <keybind key="C-A-Left">
      <action name="GoToDesktop">
        <to>left</to>
        <wrap>no</wrap>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="C-A-Right">
      <action name="GoToDesktop">
        <to>right</to>
        <wrap>no</wrap>
      </action>
    </keybind>
 から

   <keybind key="XF86PowerOff">
     <action name="Execute">
       <command>lxsession-default quit</command>
     </action>
   </keybind>
 -->
   </keyboard>
 参考サイトによれば

<keybind key="キーコード">
  <action name="名称">
    <to>left</to>
    <wrap>no</wrap>
    	↑
    	や
    	↓
    <command>コマンドを記述</command>
  </action>
</keyboard>
 でショートカットキーを定義するとのこと。  コマンドを記述する箇所は、名称を「Execute」にして、入力したいコマンドをそのまま記述すればいいのかな・・・。  キーコードは、W が Win、A が Alt、S が Shift らしい。C でおそらく Ctrl であろう。  見ると

   <!--
     Take a screenshot of the current window with scrot when Alt+Print are pressed
 -->
     <!--
   <keybind key="Print">
     <action name="Execute">
       <command>lxsession-default screenshot</command>
     </action>
   </keybind>
   <keybind key="A-Print">
     <action name="Execute">
       <command>lxsession-default screenshot window</command>
     </action>
   </keybind>
   -->
 となっているので

   <!--
     Take a screenshot of the current window with scrot when Alt+Print are pressed
 -->

   <keybind key="Print">
     <action name="Execute">
       <command>mate-screenshot</command>
     </action>
   </keybind>
   <keybind key="A-Print">
     <action name="Execute">
       <command>mate-screenshot -w</command>
     </action>
   </keybind>

 に書き換えます。  これで、ログインし直すと。  Print で全画面、Alt-Print でアクティブウィンドウの画面キャプチャがとれるようになります。
 
 
カウンタバックグラウンド