Linux - Ubuntu - 19.04 - 共通事項 - 共通事項 - Eclipse インストール・日本語設定 - インストール

 
1. java インストール
2. Eclipse インストール
3. Eclipse コピー

1. java インストール

 java は、新しいほどいいようなので、2019年5月17日時点の最新をインストールします。

sudo apt install openjdk-13-jdk

2. Eclipse インストール

 「Ubuntu ソフトウェア」で「eclipse」を検索して、インストールします。  さて、ここからですが、「Eclipse」は

/snap/eclipse
 配下にインストールされています。  これ、「SquashFS - Wikipedia」を使用して、マウントしているもので、ディスクの利用効率を高めるために、圧縮して、マウントしているのです。  ただ、そのせいで、/snap/ 以下にあるフォルダは、「Read Only」になっております。  ということは、日本語化するために、プラグインを追加したり、「eclipse.ini」を変更したりができないのです。  手動のインストールも考えましたが、インストール自体は、「Ubuntu ソフトウェア」を使用するのが、一番、お手軽なので、インストールしたものをコピーして、その後、インストールしたものを削除しようと思います。  決して、おすすめのやり方とは思えませんが、わたしはこれが一番、手っ取り早かったのだ。

3. Eclipse コピー


/snap/eclipse
 を

/opt/eclipse
 にコピーして、「/snap/eclipse」を亡きものにします。  以下、いちいち「sudo」するのも面倒なので、root ユーザで

cp -Rp /snap/eclipse /opt/eclipse
cp -p /var/lib/snapd/desktop/applications/eclipse_eclipse.desktop  /opt/eclipse/40/.
snap remove eclipse
 「snap remove eclipse」の時点で、「/snap/eclipse」配下は、綺麗さっぱりなくなって、メニューからも削除されます。
 
 
カウンタバックグラウンド