Linux - Xubuntu - 18.10 - 開発環境 Eclipse

 
1. 概要
2. インストール・日本語化
3. メニュー編集
4. 起動

1. 概要

 開発環境として Eclipse を使用します。

2. インストール・日本語化

 ダウンロード・インストールの手順は、Ubuntu と同様になります。「Linux - Ubuntu - 18.10 - 開発環境 Eclipse」をご参照ください。  上記手順でうっかりしがちなのが、以下の手順。まずは、これからです(いずれ、バージョンは変わるでしょうからご注意)。

sudo apt install openjdk-11-jre
 Eclipse のインストール先が「/home/hogehoge/eclipse/cpp-2019-03/eclipse/」、日本語化ファイルのダウンロード先が「/home/hogehgoe/ダウンロード/pleiades.zip」として

cd /home/hogehoge/ダウンロード/
mkdir -pv /home/hogehoge/ダウンロード/pleiades
cd pleiades
unzip ../pleiades.zip
mkdir -pv /home/hogehoge/eclipse/cpp-2019-03/eclipse/features
cp -pfR features/* /home/hogehoge/eclipse/cpp-2019-03/eclipse/features/.
cp -pfR plugins/*  /home/hogehoge/eclipse/cpp-2019-03/eclipse/plugins/.
 日本語化は

/home/hogehoge/eclipse/cpp-2019-03/eclipse/eclipse.ini
 の末尾に

-Xverify:none
-javaagent:/home/hogehoge/eclipse/cpp-2019-03/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
 を加えます。

3. メニュー編集

 メニューへの組込は、「Linux - Xubuntu - 18.10 - 基本操作」をご参照ください。  上記で紹介している手順は、一度、失敗したものでロードモジュールの位置を変更しているものですが、ないものを加える場合でもそこまで難しくないかと思います。

4. 起動

 「スタート」→「開発」→「Eclipse」
Linux - Xubuntu - 18.10 - 「スタート」→「開発」→「Eclipse」

 「起動」

Linux - Xubuntu - 18.10 - Eclipse -「ワークスペース選択」

 起動直後の状態です。

Linux - Xubuntu - 18.10 - Eclipse - 起動直後

 2019年03月22日時点で、下記のバージョンでした。

Linux - Xubuntu - 18.10 - Eclipse - バージョン情報

 Windows 版の日本語モジュール(pleiades)がまだ(2019年03月22日)リリースされていないので、初めてさわったのだ。

 操作方法等については、FreeBSD のものですが「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 光ディスクライティング」をご参照ください。