Linux - Ubuntu - 共通事項 - sshd・rcs・vim・ftpd

 
1. 概要
2. sshd
3. rcs
4. vim
5. ftpd

1. 概要

 こういうのは、コマンドラインから、「apt」コマンドを使うのが手っ取り早いのだ。  以下、いずれも「root」ユーザで  端末上で、「root」ユーザになるには

sudo su

2. sshd

 インストール。

apt install openssh-server
 アクションを起こさなくても、インストールが成功すれば、既に起動しています。

$ pgrep -lf ssh
1099 ssh-agent
3742 sshd

3. rcs

 インストール。

apt install rcs

4. vim

 インストール。

apt install vim

5. ftpd

 インストール。

apt install vsftpd
 デフォルトは writable になっていませんので、コンフィグレーションファイルを編集します。

vi /etc/vsftpd.conf

# Example config file /etc/vsftpd.conf
#
# The default compiled in settings are fairly paranoid. This sample file
# loosens things up a bit, to make the ftp daemon more usable.
# Please see vsftpd.conf.5 for all compiled in defaults.
#
# READ THIS: This example file is NOT an exhaustive list of vsftpd options.
# Please read the vsftpd.conf.5 manual page to get a full idea of vsftpd's
# capabilities.
#
#
# Run standalone?  vsftpd can run either from an inetd or as a standalone
# daemon started from an initscript.
listen=NO
#
# This directive enables listening on IPv6 sockets. By default, listening
# on the IPv6 "any" address (::) will accept connections from both IPv6
# and IPv4 clients. It is not necessary to listen on *both* IPv4 and IPv6
# sockets. If you want that (perhaps because you want to listen on specific
# addresses) then you must run two copies of vsftpd with two configuration
# files.
listen_ipv6=YES
#
# Allow anonymous FTP? (Disabled by default).
anonymous_enable=NO
#
# Uncomment this to allow local users to log in.
local_enable=YES
#
# Uncomment this to enable any form of FTP write command.
#write_enable=YES
 14行目、「NO」を「YES」に変えて、IPv4 を有効にします。  22行目、「YES」を「NO」に変えて、IPv6 を無効にします。  31行目の先頭の # をはずして「write_enable」を有効にします。  vsftpd を再起動。

service vsftpd restart
 これで ftp 接続すると、クライアントからアップロードできます。
 
 
カウンタバックグラウンド