ruby - RSS 作成 - 概要

 
1. 概要
2. やりたいこと(方針変更)
3. 使用するモジュール
4. 更新状況

1. 概要

 元々は、HTML 関係の話で「HTML - RSS・Atom」からここの作業へ来ました。  「library rss (Ruby 2.5.0)」を参考に RSS を作成するモジュールを作ってみます。  「ruby - ウェブスクレイピング」で作成したモジュールの使いまわしができそうです。

2. やりたいこと(方針変更)

 本サイトのドキュメントルートから、定期的(1日に1回程度でしょうか)に巡回して、RSS を作成・更新すること。  2018年10月19日、方針を変更することとしました。  ウェブスクレイピングは、ruby でやるとして、コンテンツの内容を取得したうえで、データベースへ登録することとします。  データベースから必要な情報を取得して、吐き出すのは、php の方が良さそうなので、そちらでやることにします。

3. 使用するモジュール

 RSS を作成するわけです。  RSS のライブラリを使用することになります。  「library rss (Ruby 2.5.0)」  「RSS1.0,RSS2.0,ATOM のフォーマット・仕様・構造 - Amarronの日記」  を参考にしていましたが、方針変更に伴い、こちらでやることは RSS のモジュールを使わずに、コンテンツの読込後、必要事項をデータベースへ登録することにします。  よって、必要なのは postgreSQL へのアクセスを可能にするものです。

4. 更新状況

 2018年11月08日、基本的な動作は出来るようになりました。  これらの一連の処理は cron に組み込んで、1日に一回は更新するように考えています。  今後、このプログラムで、tree 構造を生成して、.html 形式のサイトマップを作成しようと思っています。  案外簡単にできました。  次節に書くことにします(2018年11月09日)。