ruby - 基本的な文法 - 主体に影響を及ぼす!

 
1. 主体に影響を及ぼす!

1. 主体に影響を及ぼす!

 ここのタイトルの「主体に影響を及ぼす!」の「!」は感嘆詞ではありません。  メソッドをコールした主体に影響を及ぼすには「!」の記号を付けるのです。  ちょっとわかりにくいかもしれませんが。  わたしは、C言語でいうところの

a += 1;
 みたいにイメージしています。  例えば配列をソートするには sort を使用しますが、sort の結果を自身に反映させるには sort! とします。

#!/usr/bin/env ruby

array = ['foo', 'bar']

puts '1回目'
puts array.sort
puts ''
puts '2回目'
puts array
puts ''
puts '3回目'
puts array.sort!
puts ''
puts '4回目'
puts array
 を実行すると以下のようになります。

> ./ソースファイル名.rb
1回目
bar
foo

2回目
foo
bar

3回目
bar
foo

4回目
bar
foo