15. ruby - 基本的な文法 - 擬似変数 true false nil

 
15.1 真値と偽値

15.1 真値と偽値

 ruby で真値と偽値をあらわすのは true と 偽値のようです。  また、初期化していない変数の初期値は nil といういわゆる NULL 値があるようです。  「擬似変数 true, false, nil」によれば  これらは擬似変数と呼ぶものだそうで
条件式が成立する場合は true
条件式が成立しない場合は false
false と nil は偽
false と nil 以外は全て真
 だそうな。