Ruby - 基本的な文法 - ファイル

 クラウディア
1. 概要
2. File::Stat
3. ファイルかどうかを判定する
4. テキストファイルの読み書き

1. 概要

 本項は、下記のサイトを参考にさせていただきました。
class File (Ruby 2.5.0)」
「Ruby でファイルのタイムスタンプを調べる - Qiita」
「Ruby の FileTest.directory? だけでファイルかディレクトリかを判定してはダメ - Qiita」
「Rubyでファイルの書き込み・読み込みを行う方法 | UX MILK
 結局これは、次章のライブラリの項目で書くべきであったな・・・と。  整理するときがあったら、次章に書き直します。

2. File::Stat

 C言語の stat 関数的なものと理解しています。  上記のソースを実行すると下記の結果が得られます。  このソース 6行目以降を

p stat
 で一気に出力しようとしたのですが。  コマンドラインから実行する分にはうまく実行できるのですが、ウェブ越しに実行しようとするとうまく出力できません。

3. ファイルかどうかを判定する

 FileTest という組み込みライブラリが用意されています。  上記のソースを実行すると下記の結果が得られます。

4. テキストファイルの読み書き

 というソースを書いて実行すると下記の結果が得られます。
ファイル名が指定されていません ファイル名が指定されていません ファイル名が指定されていません ファイル名が指定されていません ファイル名が指定されていません ファイル名が指定されていません
 
 
カウンタバックグラウンド