2.1 ruby - Hello world! と基本的な文法 - Hello world!

 
2.1.1 Hello world!
2.1.2 コメント
2.1.3 シェバン

2.1.1 Hello world!

 何はともあれ、Hello world!。  ruby の拡張子は、.rb のようです。

puts "Hello world!"
 で

> ruby ソースファイル名.rb
hello world!
 文末に ; がないのは python 以降のスクリプト言語の流儀かしら?  つまり、行自体に意味があるということで、なかなかなじめない。  print では改行されないそうで、puts を使っています。

2.1.2 コメント

 単行のコメントが # で始まる行だそうで。  複数行のコメントは =begin ではじめて =end で終わるそうで・・・。  空行が許されるかどうかも確かめる意味でちょっとソースをいじります。

#	行単位のコメントしかないらしい

puts "Hello world!"

=begin
	これが複数行のコメントらしく
	これはまぁ perl でなじみがある
=end
 結果は

> ruby ソースファイル名.rb
hello world!
 同じでした。空行も許されるようです。

2.1.3 シェバン

 シェバンの書き方がちょっと変わっていて

#!/usr/bin/env ruby
 と書きます。  前項のソースで書くと

#!/usr/bin/env ruby

puts "Hello world!"

=begin
	これが複数行のコメントらしく
	これはまぁ perl でなじみがある
=end
 実行権限をつけて実行すると、以下のようになります。

> chmod +x ソースファイル名.rb
> ./ソースファイル名.rb
Hello world!