Python - MenuMaker 日本語化 - その後の修正 - 作業振り分け Env.py

 クラウディア
1. 作業振り分け Env.py

1. 作業振り分け Env.py

 「Env.py」は、「CLI」から各種デスクトップの処理への橋渡しを行うクラスになります。  また、各デスクトップで行う共通的な処理もこのクラス内でメソッドを提供しています。  このソースは長いので、変更部分のみ掲載します。

##################################################################################
    ##
    # LibreOffice の項目行の実行文、アイコンを設定する
    # @param line         対象行
    # @param nextline     対象行の次の行
    # @param label        項目名
    # @param exe_sentence 実行文
    # @param icon         アイコンファイル(拡張子なし)

    def update_libreoffice(self, line, nextline, label, exe_sentence, icon):
        try:
            [line, nextline] = self.desktop.update_libreoffice(line, nextline, label, exe_sentence, icon)
        except:
            print('in Env Exception update_libreoffice')
        return [line, nextline]
 134~148行、まるまる新規です。  「LibreOffice」の実行モジュールとアイコンを組み立てる処理を各環境のクラスに渡しています。

######
    # @brief 終了メニュー設定
    # @return None 戻り値なし
    # @details 終了メニューを設定すべきメニューであれば、終了メニューを設定する

    def set_end_menu(self, lines):
        try:
            self.desktop.set_end_menu(self, lines)
        except AttributeError:
            pass
 を下記へ変更

######
    # @brief 終了メニュー設定
    # @details 終了メニューを設定すべきメニューであれば、終了メニューを設定する
    # @param  dic_exec_icon exec → icon 辞書
    # @return None 戻り値なし

    def set_end_menu(self, dic_exec_icon, lines):
        try:
            self.desktop.set_end_menu(self, dic_exec_icon, lines)
        except AttributeError:
            pass
 終了メニューを作成するメソッドへの引数に「実行モジュール → アイコン」辞書を増やしています。

######
    # @brief  デスクトップクラスに search_icon メソッドが存在すればコールする
    # @return dic_exec_icon exec → icon 辞書

    def get_dic_exec_icon(self):

        ## exec → icon 辞書
        dic_exec_icon = {}

        for filepath in self.find_all_file(self.directory_app):
            name, extend = os.path.splitext(filepath)

            if (extend != '.desktop'):
                continue

            f = open(filepath, "r")                                             ## File Open
            lines = f.readlines()                                               ## Read
            f.close()                                                           ## Close

            pname = None                                                        ## ロードモジュール名
            iname = None                                                        ## アイコン名

            for i in range(0, len(lines)-1):

                str = lines[i].rstrip('\n')                                     ## 行末の改行削除

                if (str.startswith('Exec')):                                    ## ロードモジュールの行
                    head, pname = str.split('=', 1)

                if (str.startswith('Icon')):                                    ## icon
                    head, iname = str.split('=', 1)
                    iname = iname.lower()                                       ## icon はすべて小文字にしちゃう

                if ((pname != None) and (iname != None)):                       ## ロードモジュールとアイコン共に検出
                    pname = pname.split(' ')[0]                                 ## 実行文はロードモジュール名のみにする
                    dic_exec_icon[pname] = iname                                ## 辞書に追加したら終了
                    break                                                       ## アイコンが見つかったらループは終了

        try:
            dic_exec_icon = self.desktop.get_dic_exec_icon(self, dic_exec_icon)
        except AttributeError:
            dic_exec_icon = {}

        return dic_exec_icon
 を

######
    # @brief  デスクトップクラスに search_icon メソッドが存在すればコールする
    # @param  dic_libreoffice_icon LibreOffice 項目名→アイコン 辞書
    # @return dic_exec_icon exec → icon 辞書

    def get_dic_exec_icon(self, dic_libreoffice_icon):

        ## exec → icon 辞書
        dic_exec_icon = {}

        for filepath in self.find_all_file(self.directory_app):
            name, extend = os.path.splitext(filepath)

            if (extend != '.desktop'):
                continue

            f = open(filepath, "r")                                             ## File Open
            lines = f.readlines()                                               ## Read
            f.close()                                                           ## Close

            pname = None                                                        ## ロードモジュール名
            iname = None                                                        ## アイコン名

            for i in range(0, len(lines)-1):
                if ((pname != None) and (iname != None)):                       ## ロードモジュールとアイコン共に検出
                    pname = pname.split(' ')[0]                                 ## 実行文はロードモジュール名のみにする
                    dic_exec_icon[pname] = iname                                ## 辞書に追加したら終了
                    break                                                       ## アイコンが見つかったらループは終了

                str = lines[i].rstrip('\n')                                     ## 行末の改行削除

                if (str.startswith('Exec')):                                    ## ロードモジュールの行
                    head, pname = str.split('=', 1)

                if (str.startswith('Icon')):                                    ## icon
                    head, iname = str.split('=', 1)
                    iname = iname.lower()                                       ## icon はすべて小文字にしちゃう

        for value in dic_libreoffice_icon.values():                             ## LibreOffice のアイコン
            dic_exec_icon[value] = value                                        ## 辞書に追加

        try:
            dic_exec_icon = self.desktop.get_dic_exec_icon(self, dic_exec_icon)
        except AttributeError:
            dic_exec_icon = {}

        return dic_exec_icon
 204行、「LibreOffice 項目名 → アイコン」辞書を入力引数として追加しています。  223~226行の、ロードモジュールとアイコンのキーワードを検出したら「break」する処理を、ループの末尾からループの先頭へ移動しました。
JETBOYTSUTAYA DISCASTSUKUMOネットショップ
 
 
カウンタバックグラウンド