Python - 文法 - 文字列

 クラウディア
1. 概要
2. 分割

1. 概要

 文字列の扱いに関する話です。

2. 分割

 デリミタによる分割です。  この手のスクリプト言語は、みんな同じ。  「split」を使います。
string = 'one two thrree four five'
split = string.split(' ')

print(split)

split = string.split()

for word in split:
    print(word)


split = string.split(' ', 2)

print(split)


 というソースを実行すると、下記の結果が得られます。
['one', 'two', 'thrree', 'four', 'five']
one
two
thrree
four
five
['one', 'two', 'thrree four five']
 2行目は、分割文字としてスペースを要求していますが、6行目は省略しています。  省略した場合、スペースで区切ることがわかります。  4行目と8、9行目は、取得した同じ結果を出力する方法を変えただけ。  「split」の結果はリスト型であることがわかります。  第二引数に値を指定すると、最大分割数を指定できます。  この場合は、第一引数を省略できないようです。  ちょっとなじめないのが、最大分割数を超えるところまで、分割するということで、指定した値で分割ということではないようです。  見てお分かりのように、「2」を指定すると「3」つまでは、分割しちゃいます。
 
 
カウンタバックグラウンド