PHP - よく使う関数 - 変数・データ型

 クラウディア
1. ctype_digit 数字かどうかを調べる
2. get_declared_classes 定義済のクラスを取得
3. print_r 型に合わせて出力

1. ctype_digit 数字かどうかを調べる

 「count」とか、「is_countable」は、どうもオブジェクトの型だったりを調べるようで、いわゆる変数が、カウンタブルかどうかは、こっちの方を使うようです。  なお「is_countable」は、「PHP 7.3」以降でないと実装されないらしいし・・・。

ctype_digit ( string $text ) : bool
 ってことで、文字列が、数字かどうかを調べて、TRUE、FALSE を返してくれますな。  正規表現の関数を使ってもできるのでしょうが、呼び方として、こちらがお手軽。
<?php
$array = [ "123", "", "1a3" ];

for ($i=0; $i<count($array); $i++)
{
	$text = $array[$i];

	if (ctype_digit($text))
	{
		print("[$text] は数字のみです。\n");
	}
	else
	{
		print("[$text] は数字以外を含むか、数字を含みません。\n");
	}
}
?>
 てなソースを書いて、実行すると以下の結果が得られます。
[123] は数字のみです。
[] は数字以外を含むか、数字を含みません。
[1a3] は数字以外を含むか、数字を含みません。

2. get_declared_classes 定義済のクラスを取得

 サーバの管理者ではないが、php を利用しているとしていったい何をインストールしているのかを見ることができるわけです。

array get_declared_classes ( void )
 ってなコードを書いて実行すると以下の結果が得られます。

Array
(
    [0] => stdClass
    [1] => Exception
    [2] => ErrorException
    [3] => Error
    [4] => ParseError

・・・セキュリティ上の問題があるので略

)

3. print_r 型に合わせて出力

 詳細は「PHP マニュアル - 関数リファレンス - 変数・データ型関連 - 変数操作 - 変数操作 関数」をご参照ください。  print_r は、指定した変数の型に合わせて内容を出力してくれます。

mixed print_r ( mixed $expression [, bool $return = FALSE ] )
 というソースを書いて実行すると下記の結果が得られます。


 この関数、errolog に出力したくて、「.php」のファイル内で使用していたら、「.html」に表示されちゃって、困ったなぁと思っていたら・・・。  第二引数を「TRUE」にすれば、結果を標準出力に出力せず、「print_r」のリターン値として出力されます。
ハイスピードプラン


1 Array ( [0] => foo [1] => bar )
 
 
カウンタバックグラウンド