php - よく使う関数 - オプション設定

 
1. include_path 設定オプションを取得
2. include_path 設定オプションをセット

1. include_path 設定オプションを取得

 表題の通りの動きをします。  詳細は「PHP マニュアル - 関数リファレンス - PHP の振る舞いの変更 - PHP Options/Info - PHP オプション/情報 - 関数」をご参照ください。

string get_include_path ( void )

2. include_path 設定オプションをセット

 set_include_path という関数で表題の内容をそのスクリプトの実行中のみ設定できるらしい。  詳細は「PHP マニュアル - 関数リファレンス - PHP の振る舞いの変更 - PHP Options/Info - PHP オプション/情報 - 関数」をご参照ください。

string set_include_path ( string $new_include_path )
 単独で使用して現在の設定を全部消しちゃって新たに書き直すってことはほとんどないわけで、参考サイトにあるように前項の関数とセットで使って、現在の設定に新たにパスを追加するのが普通の使い方でしょう。
<?php
$newpath = '/usr/home/hogehoge';

print(get_include_path()."\n");

set_include_path(get_include_path() . PATH_SEPARATOR . $newpath);

print(get_include_path()."\n");
?>

 というコードを書いて、実行すると以下の結果が得られます。

> php ソースファイル名.php
.:/既存のパス
.:/既存のパス:/usr/home/hogehoge