php - よく使う関数 - 日付および時刻関連

 
1. date ローカルの日付/時刻を書式化する
2.  デフォルトタイムゾーンを取得

1. date ローカルの日付/時刻を書式化する

 おそらくは、日時関連で最も使う関数ですな。

string date ( string $format [, int $timestamp = time() ] )
 第2引数のタイムスタンプを省略すれば、システムの現在日時となります。  書式文字列でわたしがよく使うのは
書式 意味
y西暦4桁
m月を0パディング。01~12。
M月。3 文字形式。Jan ~ Dec。
n月を0サプレス。1~12。
d日を0パディング。01~31。
j日を0サプレス。1~31。
H時を0パディング。0~23。
i分を0パディング。0~59。
s秒を0パディング。0~59。

 「M」なんかは使いたくないのですが、php のログの書式で使っているのでしょうがないのです。

2. デフォルトタイムゾーンを取得


string date_default_timezone_get ( void )
/usr/local/etc/php.ini
 に書いてある

[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone

date.timezone = "Asia/Tokyo"
 の「date.timezone」の値を取得します。  まぁ。大抵、日本で使っていれば上記の値を設定しているわけで
<?php
print(date_default_timezone_get()."\n");
?>

 を実行すると

> php ソースファイル名.php
Asia/Tokyo
 となるわけです。